巡礼遍路研究会について

「巡礼遍路研究会」は、全国各地の巡礼に関する研究活動のさらなる進展を目指し、高野山大学密教文化研究所内に平成26年に設立されました。

四国八十八ヶ所、西国三十三所、写し霊場など各地の巡礼について研究した成果を発表し合うことが活動の目的で、宗教民俗学など各方面で数多の業績をあげておられる、高野山大学の日野西眞定名誉教授を名誉会長に、数多くの研究者が切磋琢磨できる場にしたいと思います。
また、会員相互の親睦をはかります。

巡礼遍路関係の研究者のみならず、関連分野の大学・研究機関の方々、札所寺院、先達をはじめとする巡礼者等、向学心豊かな方々の、幅広い参加をお願いいたします。

合掌

研究会概要

名  称/巡礼遍路研究会
会  長/山陰加春夫(高野山大学名誉教授、高野山霊宝館副館長)
事務局長/柴谷 宗叔(高野山大学密教文化研究所研究員)
事  務  局/〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山385番地
高野山大学 密教文化研究所内
発  足  日/平成26年9月1日
会誌発行/毎年