第3回研究発表会兼総会を開きます

投稿者: | 2015年12月18日

巡礼遍路研究会では、3回目となる研究発表会兼総会を、2016(平成28)年6月18日(土曜日)に香川県善通寺市の総本山善通寺遍照閣で開きます。

巡礼遍路の研究者をはじめ、札所・霊場寺院、先達をはじめとする巡礼者など、向学心豊かな皆様の参加をお待ちしております。
プログラムは下記の通りです。

11:00 受付開始
12:00 開会
      記念講演 樫原禅澄・善通寺管長猊下 「生きることを学ぶ」
      研究発表
       加藤俊生「衛門三郎伝説の考察-特に三教指帰との関連において」
       村上昭彦「写し霊場巡礼者の研究―その展望と課題」
       東近 伸「真念庵の調査」
      (以上敬称略。発表題目は変わる可能性があります)
      総会
17:00 懇親会 「蔵の匠」(会費4千円)
      (善通寺市上吉田町8-8-5 善通寺グランドホテル内、0877—63—2113)

当研究会では宿泊の斡旋はしておりませんので、必要な方は旅行代理店等を通じ各自手配をお願いいたします。昼食は準備しておりませんので各自お願いいたします。
本年度会費未納の方には振込用紙を同封しております。年会費は一般会員(個人)3千円、賛助会員(法人・団体等、個人も可)1万円以上です。早めの納入をお願いいたします。なお本状と行き違いにお振込済の方は御容赦願います。(4月8日現在既納の方には同封しておりません)

研究発表会チラシはこちら。

参加のご表明やお問い合わせは、下記メールフォームからお願いいたします。
(申し込み締め切り:5月31日必着)

お問い合わせ用メールフォーム

お問い合わせ内容(選択してください)

お名前 (必須)

ご所属

メールアドレス (必須)

メッセージ本文